総合病院に転職した薬剤師

私は45歳の独身女です。
武庫川女子大学の薬学部を卒業してから、調剤薬局に就職しましたが退職。
それから地元の総合病院に転職が決まり、そこで12年薬剤師をやっています。
総合病院の薬剤師

総合病院の薬剤師の仕事

患者さんが持ってこられた処方箋にしたがって調剤をします。
患者さんの持ってこられたお薬手帳を確認して、相互作用がないかをチェックします。
処方箋との不備が見つかれば医師に確認します。
お薬の効能から患者さんに症状を確認します。
お薬の飲み方を患者さんに服薬指導します。
でも実際は薬局長は、あまりあてにならなくて何でも上からの指示をOKしてしまし、しわ寄せは私達に。
病院内を走り回る毎日です。
患者さんとゆっくりコミュニケーションがとれません。

総合病院の薬剤師の給料

月35万円です。
理想としては月40万円でボーナス2.5くらいは欲しいですね。

総合病院の薬剤師の働き方

朝8:30から18:30までとサービス残業はもちろんで、週休二日とうたっているが、木曜日と土曜日が半日勤務なので、半日休みという事で日曜日の休みとあわせて週休2日という捕らえ方。
結局は1日しか休みがありません。
土日の連休でなくてもいいので、週休2日制にして欲しいです。
出産後も働きやすい勤務体制で復帰できる環境になればいいと思います。

総合病院の人間関係

薬局長が仕事の流れだけでなく、人間関係を把握して、皆が働きやすい人間環境を作れる人間力がある方がいると人間関係でのトラブルはなくなると思います。
私は同僚とはうまくいっているほうですが、看護婦さんとの衝突が多く、仕事に集中できないのが現実です。

病院薬剤師の今後

店舗での管理薬剤師であれば店舗を任される立場なので、新薬の情報収集や利用される方とのコミュニケーション能力が必要とされます。
人材の採用活動にも直接関わり、仕事の面と人間関係づくりが出来るかどうかを判断して採用を考えなければいけない。
教育研修のコーディネイト、人材育成、会社のことだけでなく、地域貢献などについても積極的に参加できる人材を目指さなければいけません。
人材が足りないので、研修もしっかり出来ず、育成ができません。
地域貢献までは遠い夢です。